小鉄くん、一周忌

今日で小鉄くんが亡くなって一年になります。
去年の夏は私にとっても辛い夏となりました。
立派な体格だった小鉄くんがゴハンを食べなくなり、水も飲めなくなって日々やつれ苦しんでいるのに手の施しようがなくて、毎日泣いていました。
仕事に行っていましたが、小鉄くんの事を想うと涙が溢れそうになって、帰ったら小鉄くんが亡くなってたら・・・と毎日急いで帰る日が何日も続きました。

あんまり辛そうなので「安楽死」も考えましたが、小鉄くんの状態を考えて連れて行った近くの動物病院では「主治医でもないのでそれはできない」と断られ、どうしたらいいのかかなり混乱もしました。

でも、ゴハンも食べられない小鉄くん。トイレには思うように動かない体を引きずってでも行くんですね。
寝ていた猫ベッドにトイレシーツを敷いて、「こてちゃん、無理しないでここでしていいんだよ」と言っても聞かないんです。
何と言うか、小鉄くんの「生」への執着を見た気がして、「とても辛そうだけど、こてちゃんは生きようとしているんだ」と感じたので、辛いけれども命の灯が消えるその日まで見守っていくしかないんだな、と。

最期はトイレの中でぐったりしていた小鉄くんを仕事から帰ってきて見つけて、抱き上げて膝に乗せたら思いっきり私の太ももに噛みついて、本当にちぎれるんじゃないかと思うような力で噛みついて(多分、痙攣が原因だと思うのですが)息絶えました。

泣いても泣いても涙と後悔が止まらなくて・・・。
それでも、思いがけなくまーちゃんがやってきて、同じ白黒猫さんだったので本当に慰められました。
急だったので、バタバタしたのも悲しさを吹き飛ばしてくれましたね。

今、これを書いていてもまた涙がこみ上げてきますけども。

わがままで、悪賢くて、甘えん坊でおしゃべりで・・・、小鉄くんは本当に素晴らしい猫さんだったと思います。
さすがの「こて家当主」でした!
本当は10歳20歳・・・もっともっと長生きしてほしかったけど。

小鉄くんは、本当に素晴らしい仲間だったと思います。(家族っていうより仲間っていう言い方が私は好きなんですね)

小鉄くん、こて家の皆さんを見守ってくれよ!
当分、そっちには誰もやらないからなっ!おねーちゃんは、もう泣きたくないんだよっ!!
だから、あの世からこて家の皆さんを応援しててね!
「こて家当主」の座はしばらく空席にしておくから、お盆にはこっちに寄るんだぞ。マタタビ買って待ってるぞ!
スポンサーサイト

小鉄くんからのお年玉

皆さま、あけましておめでとうございます!


さて、昨日のことです。
一応、大掃除のようなことをしていたんですが、最後に玄関をお掃除。
ごみを取って、きれいに水拭きして、靴箱の上の棚も・・・。この棚の上に小鉄くんのお骨も置いてあります。

「こてちゃん、お掃除させてね」

なんて声かけながら、お骨を少しずらして棚を拭いていたら、100円玉が2枚出てきたんです。
全く覚えがないのですが・・・。

多分、何かで支払いをした時のおつりか何かだとは思うのですが、とっさに私が思った事は、

「こてちゃんからの早めのお年玉だ!」

でした。
お札じゃなくて、小銭というのが小鉄くんらしいではありませんか!

「これで猫缶でも振る舞うんにゃっ!」

ってことでしょうか?
今朝は小鉄くんからの言いつけ通りに、こて家の皆さんに猫缶をいつもより多めに振る舞っておきました!
タヌ兄ちゃんからのお年玉ですよ~!みにゃさん!


DSC_0581_convert_20151228212625.jpg 
もっとお年玉~!

全く予想外で、こて家のメンバーになっちゃったまーちゃんも元気に初のお正月を迎えることができました!
お行儀の悪いまーちゃん。私のおせちを狙ってテーブルに・・・!!
こらこら、まーちゃん。タヌ兄ちゃんは食いしん坊だったけど、テーブルの上の物には手を出さない子でしたよ!!ちゃんと見習って、お行儀の良い白黒猫さんになって下さいっ!!

今年もこて家をよろしくお願いいたします!

見えた・・・!

ここ数日、肌寒い日が続いているこて家地方。
猛暑からのこの気候はちょっと身体に堪えますね・・・。

昨日の夜の事です。
みんなまったりモードで、ゴロゴロしていた夜の時間帯。何時だったかは忘れましたが・・・。
居間の入り口付近に、ごろんと横になって寝ている子がいました!!
白いお腹、ちらっと見える黒いタキシード・・・。

そう、小鉄くん!

私が疲れていたんでしょうか?幻だったんでしょうか?
でも、でも、サイズ的にも元気だった頃の小鉄くんサイズ・・・。

ほんの一瞬でしたが、確かに見えました!

小鉄くん、やっぱりウチに来てたんだ・・とうれしかったです!

こてちゃん、ユーレイもいいけど早く生まれ変わって我が家に戻ってきてね!!

皆さんもこんな体験したことありますか?

1ヶ月

小鉄くんが亡くなって、1か月です。
ちょうどお盆。小鉄くんも我が家に帰ってきてくれているのでしょうか。

小鉄くんの遺していったものがあります。
エディが水入れで遊ぶので、飲みたい時にお水がない時があったりだったんですが、ある日私のあんまり使わないマグカップを洗おうと水を張ってシンクに置いていたんですね。
その時、小鉄くんがシンクに乗ってきまして、マグカップの水をおいしそうに飲んだんですよ。
それからは気に入ったのか、マグカップで水を飲むのが日課になった小鉄くん。亡くなる数日前ですら、ふらふらの脚でシンクに飛び乗ろうとしていました。
最初は小鉄くんだけだったんですが、今ではこて家の皆さんのマグカップになっています!
ちゃんと、水入れも置いているんですが、マグカップにもなみなみといつもお水を入れておくようにしています。

もしかしたら、お盆で戻ってきた小鉄くんもお水をこっそり飲んでいるかもしれませんね!

それと、小鉄くんの役割をエディが担っているような気がします。
なんだか、エディの甘え方が小鉄くんに似てきたような・・・?なんだか不思議です。小鉄くんが「こうするにゃっ!」と指南しているのかも・・・。
今日はお花ではなく、猫缶とシーバを小鉄くんのお骨の前にお供えしようと思います!!
ユーレイでいいから、「もっと猫缶よこせにゃ!」と私の所に現れてくれたらうれしいなぁ・・・。

いつかまた逢える

毎日暑い日が続きますね。皆さま、夏バテや熱中症にはご注意を。

小衛門の件、悪いのは全て私なのであとは元気にしている事を祈っています。
元々あまり折り合いが良いわけではなかった小鉄と小衛門。病気になってから過剰なくらいに小鉄が小衛門を追い回すようになったんです。小衛門も近寄らなければいいのに、小鉄にやたらと寄っていく・・・の繰り返し。
これはどちらにもストレスになってしまうと考えて小衛門を元親さんのところにお里帰りさせた次第です。

小衛門も肺水腫を患ったり(こちらは完治しましたが)、心臓の弁が厚いので心臓に負担がかかると獣医さんに言われていたので健康面も考えての事でした。

小鉄くんには毎日話しかけています。
姿は見えないけど、まだ近くにいる気がしまして・・・。
「こてちゃん、またいつか同じ毛皮着てこて家の当主になりに来てね!」と言っております。
いつかまたきっと逢えると思っています。

おかげさまで、不思議と涙は枯れました。大丈夫です!!

すごく甘えん坊になってしまった小梅ちゃんに「こーめちゃんはこてちゃんの分まで長生きするんだよ!」と話しかけています。
いつもの悪い目つきで「ふふん!こーめは100歳まで生きるわよっ!」って顔している小梅ちゃんです。

ナイーブな面がないわけではないけど、小鉄くんよりは図太い小梅ちゃんならそれもアリかもです!

それにしてもFIPという病気、解明して治療法が確立される事を切に望みます。
欧米ではワクチンがあるらしいのですが、有効性はイマイチだとか・・・。
猫さんも飼い主も辛い病気ですので、早く特効薬なり治療法が確立される事を期待したいです。
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。