何とかなるさ!

小鉄くんが、「猫伝染性腹膜炎のドライタイプ」と宣告を受けて一日。
最初は思いっきり頭をガーンと殴られたような驚きでしたが、悪い事ばっかり考えてるとそうなっちゃう!と思ったので思考を切り替えました!

こてちゃんは、治る!


昨日、貰ってきたステロイドを飲ませたら副作用で食欲が出てきました!ステロイドって強い鎮痛作用があるんですが、食欲増進といううれしい副作用があるんですよね~。
夜になってから、試しに買ってきたとろみのあるおやつを見つけて2つ買ってきたんですがそれをあげたら食べた!もっと食べたいそぶりをしたので、もっとあげたらまた食べたのでとりあえずホッ!

一気に色々あげて吐いても困るので、時間をおいて今度は猫缶を開けてほぐして食べやすいようにしてちょっとあげたらおいしそうに食べたので、またおかわりをあげておきました!

いくら食ってもいいからねー!!


あとは、静かにしてあげたんですが夜遅くなってからカリカリの入ってるお皿に寄って行ってカリカリも食べていました!自力で食べる気があるのなら、大丈夫!!
どっちみち、昼間は他のこて家の皆さんもほとんど寝てるので、昼間は無理に食べさせないで夜中心に食事させるようにしています。

獣医さんによれば、伝染性という名前だけど、ひどい下痢だとかがなければあまり神経質になる必要はないとのこと。実際、多頭飼いだからってみんな感染したなんて事はないらしいです。コロナウイルスはどの猫も持ってて、何かが原因で体内で突然変異を起こして悪さをするそうです。
次々亡くなるようなケースは同腹の子猫くらいだそうで・・・。
なので、お皿やトイレは今までより注意して掃除しますが、あとはあまり気にしない事にしました。流血沙汰のケンカでもしない限りあんまり問題ないみたい。

確か、有名ブログの「くるねこ」さんちのもんさんもこの病気でしたよね?でも、体調の波はあったものの結構長生きしてなかったでしたっけ?入院したり大変ではあったようですが・・・。(あまりよく覚えてないんですが)

他のこて家の皆さんも小鉄君が調子が悪いのがわかるのか、周りを囲んで守ってるみたいでしたよ。いつもはうるさいエディも、ちょっかい出してなかったし(少しは大人になったのか??)。あ、エディの目やには目薬点したら早速効果あり!もうちょっと続けてきれいなおめめになるまでがんばります!

あと、私はおもしろい事をしてみる事に!
「治りますように!」って祈るのはもちろんですが、寝る前にこんな想像をするんです。
こてちゃんの血管の中に小さくなった私が入って、ウイルスを退治して退治したウイルスを袋に詰めてゴミ箱に捨ててしまうという、どっかの映画にありそうな事を想像してから寝るんです!
バカみたいって言えばそうですが、願えば叶うって言いますからねー!!
人間だってたまにおられるじゃないですか!末期がんだったのに生還した人!理由はわからないけど、病気が治っちゃった人!おかしな宗教やるわけじゃなし、これなら自分もポジティブになれるのでいいんじゃないかと。

小鉄くん。昨日はベッドで猫の開きになって寝てたんで、まだ具合がめっちゃ悪いようではなさそうですし。
まずは食ってもらって体力つけるのが一番かな?

去年の小衛門の肺水腫の時のほうが、げっそりして「だ・・・大丈夫か??」と思いましたが、無事生還しましたし、体重6.8キロとオーバーしすぎちゃったくらいですので、小鉄くんももう7キロ超えてもいいから生還してもらわないとね!!皆さんも応援よろしく!!

スポンサーサイト
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。